甲子園球場の座席と暑さ・寒さ対策

座席

甲子園球場は、屋外球場のため、見え方だけではなく、日差しや雨のことを、必ずチェックしておく必要があります。

座席によっても条件が変わってきますので、こちらでまとめておきますね。

スポンサーリンク

日差し・気温について

日差しを受けるエリア

別記事でも触れましたが、バックスクリーン方向が「ほぼ南」とイメージして下さい。

銀傘(屋根)は、
ネット裏 →TOSHIBAプレミアムシートとグリーンシートの境界の上
1・3塁側→アイビー(ブリーズ)シートの1~11段(航空写真でご覧のように列により異なります)付近の上を通っています。

甲子園3塁側日差し、9月27日、16:30頃撮影

デーゲームの開始は、大抵14:00~です。
このため、ブリーズシートの前の方と、3塁側SMBCシートは、上の写真のように、屋根は関係なく、日暮れまで直射日光に当たることになります。

1塁側も、SMBCシートやアイビーシートの前の方は、後方から日差しがきます。

甲子園球場 暑さ対策

熱中症対策に「ビオレ冷タオル」

甲子園球場でサンプル配布されていた「ビオレ冷タオル」は、その対策としてぴったりだと思います。

詳細は、こちらから!

また、帽子に取り付ける、日焼け防止用のネックシェードは重宝するかもしれません。

お子様向けも!(こちらは帽子と一体になっています)

あとは、普通のキャップとフラップ代わりにタオルを併用されている方を、特に1塁側席ではよくお見掛けします。

外野席やアルプス席は屋根がないので、晴天時は、終日日差しを受けます

アルプススタンドに屋根を設ける計画もあるようですが、現状よりかなり前にせり出す形にしないと、あまり効果は期待できないかもしれません。

甲子園球場の土日祝日の試合は、6月頃までデーゲームです。
特に4~5月は、一般的には屋外は気持ちの良いシーズンですが、球場の暑さは別物ですので、注意した方が良いです。

用意した方がいいもの

夏場の屋外球場観戦におすすめしたいグッズを、別記事でまとめていますので、是非ご覧くださいね。

気温の急降下に、ご注意を!

一方で、春先は、太陽が銀傘(屋根)に隠れると、体感温度が急降下します。

体感の個人差はあると思いますが、同じ日とは思えないレベルで下がりますので、羽織るものも持って行った方が良いでしょう。

また、5月頃までのナイトゲームは、かなり冷えます。

別記事でも触れましたが、銀傘(屋根)下の最上段付近は、後方の隙間から強風が入って来ると、驚くほど寒くなりますので、要注意です。
(下の写真の赤枠の隙間から、強い風が入ることがあります)

甲子園球場内野最上段

座席の位置によりかなり違ってきますが、準備を十分にしていきましょう。

スポンサーリンク

雨天の場合について

屋根の下の席でも、風向きによって降り込む場合がありますので、注意が必要です。

甲子園球場の場合、1塁側から3塁側へ吹く「浜風」の場合が多く、その場合の3塁側は、屋根の下でも30段程度までは降り込む場合があります

1塁側の屋根下は、降り込まない場合が多いですが、場内で風が回ることもあり、万全ではありません。
決定的シーンを見逃さないためにも、早めに雨具を用意しましょう。

この件についての詳細や、雨の日の持ち物リストについては、別記事で詳しく解説していますので、是非読んでみて下さいね。

熱中症や気温差による体調管理に注意しながら、楽しく野球観戦をしましょう!

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

気に入って頂けたら、シェア/リポストよろしくお願いします!

スポンサード

コメント

タイトルとURLをコピーしました